原状回復工事やコンセント交換など、身近なことについての疑問を解消

より長く住宅を利用するためしっかり調査を

自動ドアの修理

自動ドア修理を安くするテクニック

自動ドアは、便利な文明の利器ですが、人間の手で開け閉めするドアと違って、定期的なメンテが欠かせません。自動ドアのメンテを怠っていると、結局のところ壊れてしまい、高額な修理代を負担するハメになりかねないので要注意です。 自動ドアの修理工賃を節約するには、保守契約を業者と結んでおくとよいでしょう。保守契約を結んでおくと、定期的に業者がメンテナンスをやってくれます。こちらから連絡しなくても、時期が来たら業者のほうから連絡がきて、自動ドアの点検をしてくれます。 この契約を結ぶことで、もし交渉して修理が必要になっても、修理代を負担する必要がなくなります。保守業者の責任の範囲内ということで、無料で修理してくれることになるのです。

自動ドアの修理の前に最適な予防を!

今や自動ドアは、会社、駅、商店、病院など、あらゆる場所で、なくてはならないものになっています。それだけに自動ドアの故障や、その修理に敏感にならざるを得ません。 自動ドアの修理には、もちろん専門の修理・メンテナンスを扱う会社に頼むことになります。そうなれば、少なくない費用が発生します。こうならないためにも、できるだけ自社で対応できれば、修理の手間が省けます。そのポイントとして、まず、自動ドアのガイドレース内や周辺の小石やほこりなどの障害物を取り除く必要があります。 次に、センサー部分の掃除です。光線反射式センサーのレンズ面のほこりをやわらかい布でふくことです。そしてドア表面の汚れを取るために、水拭きした後、乾拭きすると、効果的です。故障して自動ドアを修理する前に、故障しないように「予防」することで、多くのメリットが得られます。