原状回復工事やコンセント交換など、身近なことについての疑問を解消

より長く住宅を利用するためしっかり調査を

交換について

コンセントの交換ってどうしたらいいの!?

ご家庭やオフィスその他でコンセントが壊れたりヒビがいっちゃってたりした時って修理が必要になります。しかし、そういう時ってどうしたらいいのでしょうか? コンセントの交換されるには電気工事士という資格が必要になるので電気屋さんに依頼しないといけません。ホームセンターなどでコンセントをバラ売りで売っていたりしますがご自分で交換しようとすると感電などの恐れがある為絶対にやめましょう。 交換手順はいたって簡単なのですが、電気屋さんに依頼する時はどこの場所(エアコンのコンセントだと脚立が必要ですので)のどんなコンセント(種類がたくさんあります)かを明確に伝えた方が交換がスムーズに進みます。種類が分からない場合はケータイやスマホで写真を撮るといいかもしれません。

コンセントの交換に掛かる費用

火災事故というのは、様々な要因によって引き起こされますが、その中でも、コンセント周りが原因とする火災は非常に多いです。 このような火災を電気火災と言いますが、その原因は「接続不良」「トラッキング現象」「ジュール熱」「ショート」「漏電」など多く存在します。 これらを防ぐ方法としては、コンセントの交換を行うことが非常に効果的です。 コンセントを古いものから、火災を防ぐ最新の機能を搭載したコンセントに交換することで、電気火災の発生を防ぐことが出来ます。 コンセントの交換というのは、電気工事士の資格が必要となるので、個人で行うのは難しいのですが、業者に依頼することで、適切にやってもらえます。 交換費用の相場としては、部品を自分で用意するのならば、5000円程度が相場となっています。